光触媒は、簡単に言うと光のチカラで空気中のにおいや菌を分解・除去してくれる環境浄化材料です。光触媒が光を吸収すると、空気中の酸素や水と反応しあって活性酸素(O2-や・OH)を生成します。

活性酸素は強力な酸化力を持つので、接触したウイルスやにおいの分子を壊して水や酸素に分解します。 タバコやペットのにおい、トイレなどの気になるにおいや雑菌・ウイルスの作用を抑えます。 その他には空気清浄機に応用されたり、窓ガラスやテントの防汚対策としても使用されています。

光触媒は繰り返し効果を発揮するため、そこに光があって、空気と水があれば、人々が気付かない間にコツコツと働き、きれいな環境を保ちます。

光触媒が優れているのは、これらの効果のために特別な薬品や電気の力を必要としないところ。廃棄物が出ないので環境や生態系にも優しく、自然な形で人々の暮らしに寄り添うことができる材料といえます。